眼精疲労の原因になりうる老眼【症状の改善方法をリサーチ】

温めて改善

女の人

使いすぎない

眼精疲労患者は最近急増しています。背景にはスマホやパソコンの使い過ぎが主な原因だといわれています。よって眼精疲労は高齢者より比較的若い方に増加しています。パソコンやスマホの場合近くを見続けることがコリの原因になるため1時間に1回でもいいので目のマッサージ、遠くを見るなどをすると少しは改善されます。最近ではアイケア用品が増えてきてます。目薬以外にも温めるものやビタミン補給する製品も出ています。おしゃれアイテムとしてカラーコンタクト用品もあります。コンタクトは眼精疲労をより起こしやすくなります。パソコンは日常生活に必要なものであるため、休日でも使わないことはないかと思いますが、できるだけ使用時間を減らす趣味を探すことも目のほどになります。

放置しない

眼精疲労はほとんどの場合、目のコリや疲れだけではなく頭痛になることがあります。頭痛は緊張型のものがほとんどで、片頭痛のような場合は眼精疲労でない可能性があります。放置していると頭痛以外に、肩の凝りや腰痛にもつながるため早期に治療するほうがいいです。治療法はお風呂で温めることや早めに寝ること、外をボーとみることなど様々あります。スマホやパソコンがなくても高齢になると夕方目のカスミなどが出ることがあります。この場合も目が疲れているため昼寝をするや目をつぶって少し休むことにより高齢者でも改善される可能性があります。最近ではスマホ老眼なdも問題になっていますが、必ず放置しないで自分で治療を試みることが大切です。