眼精疲労の原因になりうる老眼【症状の改善方法をリサーチ】

目をいたわるために

男性

主な原因は目の使いすぎ

眼精疲労は読書やパソコンの作業で、目を使い目が疲れて重たい感じがするだけでなく、そのために全身にも疲労感が出たり、肩こり、頭痛、吐き気などの症状が出ます。医学的には、目が疲れていても休憩したり眠ったりすると良くなる場合は疲れ目といい、症状が良くならず慢性的になっている場合は眼精疲労と言っています。眼精疲労の原因は、目の使いすぎによるものが代表的ですが、その他に近視や老眼など視力の問題や、ドライアイなどの病気も原因になります。緑内障や白内障の病気も視力が欠けてしまうため眼精疲労につながります。またストレスでもなりやすいと言われています。目の病気が原因のときは、治療を行うことが大切です。また眼鏡やコンタクトをしている場合は合わなくなってきている可能性があるので、眼科などで相談することも大切です。

改善する方法

目の使いすぎによる眼精疲労の場合は、目の周りの筋肉が固まって血行不良になり症状が出ていることが多いです。蒸しタオルを目にのせて目の周りを温めて筋肉をほぐしたり、目の周りや眉毛のあたりをマッサージし血行を良くすることが効果的で即効性があります。また眼精疲労や疲れ目に効くサプリメントも多く発売されています。目に良く効くと言われているルテインやアントシアニンを多く含むものがおすすめです。サプリメントの効果は個人差がありますが、継続して服用することで効果は期待出来ます。現代ではスマホやパソコンなどは仕事で良く使い、なくてはならないものですが、その生活ではどうしても目を酷使してしまいます。疲れを感じたら休憩したりマッサージしたり、サプリメントを服用し目をいたわることが大切です。