眼精疲労の原因になりうる老眼【症状の改善方法をリサーチ】

一向に改善されない場合

女医

目が疲れたり、痛みが出たりする眼精疲労は、現代人に多い目の疾患です。症状が和らいでも後から発生するケースも少なくなく、悪化して初めて症状の重みを知ります。また、眼精疲労を放置すると、肩こりやめまい、吐き気を催すことがあるため、この場合は、別の病気が病院の検査で明らかにされることがあります。一向に改善されない場合は、お近くにある眼科を受診し、症状について相談をしてみましょう。

眼精疲労の主な原因は、目の病気です。近視や乱視や老眼は、他の人よりも眼精疲労になりやすくなるため、眼科で目の定期健診を受けるようにしましょう。また、近視や乱視、老眼が進むと、ピントが正しく合わなくなり、眼球の内部にある水晶体に大きな負担をかける恐れがあります。常に緊張が続いている状態にあるため、視力の低下が見えるようになるでしょう。特に40代後半になると眼精疲労になりやすくなるため、ピントが合わなくなった、あるいは肩こりやめまいといった体調不良が出始めた等、何か症状が出た場合は眼精疲労を疑い早急に受診をしましょう。

眼精疲労は、パソコンを使う仕事をする方にも多い病気で、ドライアイになりやすいとも言われています。これは目の表面が乾燥する病気で、涙の質が低下していたり、目を保護する役割が通常よりも落ちていたりすると発症します。ですから、ドライアイの方も目に大きな負担をかけていることになるため、眼精疲労を抑制するためにも眼科の受診が勧められています。